日本一小さい窯場での越前焼こだわり作陶

やきもの・陶芸ブログです。六大古窯の一つ越前焼の地に、多分日本一小さい窯場があります。地元山地の特別な土にこだわり、素地や釉薬に利用して独特な風合いの表現を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女性限定「メガネカフェ」のお店

みるひび店内

4月に福井の中心地に女性向けの新しいお店が誕生しました。
眼鏡メーカーが「日々の暮らしを丁寧に過ごす女性」をコンセプトに自社ブランドフレーム「miruhivi」(みるひび)をイメージしたカフェです。
県内ではめずらしい女性客限定のお店で、女性作家が作った眼鏡用アクセサリー「nutty」の商品や雑貨類が展示・販売されている。
また「メガネカフェ」の名前のとおり、店内のいろいろな所に眼鏡が置かれている。
お友達やお一人様も大歓迎とのことです。
コーヒーのほかに特製ランチなどの食事ができます。野菜をたっぷり使用した「ミルヒビランチ」は圧巻です。
献立は2週間ごとに変わり、デザートとドリンク付きで満足な内容となっています。
心やすらぐひと時を過ごしてみてはいかがですか。
お店の食器は「うの花」窯の作品を使っていただいています。ありがとうございます。
また、7月30日まで越前焼・うの花窯の食器展を開催しています。

miruhivi cafe(みるひび カフェ)
福井市順化1-6-2 本町中央ビル2F 中央通りに面し、土谷家具さんの反対側。
営業AM11:30~PM6:00  不定休

食器ディスプレー
デスプレー① 「うの花窯」食器の展示デスプレー②










スポンサーサイト
  1. 2011/07/03(日) 10:26:49|
  2. イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨明けのクラフト市

梅雨明け
陸地方が17日に梅雨明けしました。
18日に越前陶芸村で「クラフト市」が開催されましたが、梅雨明け後の暑い一日でした。
残念ながら御来場者の数は少なかったのですが、今回は「木工」関係の出店が3店ありました。その方の話では、思ったよりお客さんの数が少なかったとのことで、ガッカリした様子でした。
次回8月と9月は子供さんによる「太鼓」の競演を予定しているようです。いろいろな工夫が必要です。





テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/19(月) 17:40:06|
  2. イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きな越前焼の甕

越前焼の大甕
田文化歴史館と雨田光平記念館に、先週、行きました。
福井県越前町(旧織田町)は「剣神社」「織田信長」「越前焼」で知られ、会館の展示もこれら3つのテーマが柱として成り立っています。
第2展示室は、日本六古窯の一つとして織田地方で育まれた越前焼をあつかっています。
中世の巨大窯跡とその遺跡、発祥から現代までの歴史がわかりやすく解説されています。
また、越前地方の古い民家の内部を復元し、実際の生活の場でどのように越前焼が使われていたかを展示しています。
上の画像はかまどの灰を保存していた大甕で、高さは1m余あります。





テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/15(木) 11:44:46|
  2. 陶器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越前和紙の吹き流し

越前和紙の吹流し

前和紙の魅力をアピールしようと、和紙を使った七夕吹き流しコンクールが始まりました。
今年初めて開催され、全国から200点あまりの応募があり、福井県越前市(旧今立町)の「いまだて芸術館」で公開されています。
作品には願い事を書いた短冊を付けたり、立体の星を飾るなど趣向をこらしたものばかりで、非常に華やいだ作品が多くあります。
株券が電子化されたことなどで、越前和紙の需要が厳しい傾向にあることから、こうしたイベントが開催されたのだと思います。
伝統産業と呼ばれる他の業種、「越前焼」、「越前漆器」、「越前打刃物」などについても、同じような現状にあるといえます。


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/08(木) 17:37:46|
  2. イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラフト市とユニークなやきもの展

ユニークなやきもの展
年2回目の越前陶芸村クラフト市が開催されました。
梅雨の最中のわりには雨の降らない天気でした。
だだ、お客さんの数は思ったより少なかったのが残念でした。ラジオ・新聞・チラシなどで広報をしたのですが、
まだまだのよう。
次回のクラフト市は7月18日(日)10~16時まで。
もっと、出店の数が増え、食べ物関係の販売や小イベントの開催など「工夫」が必要だと感じました。
さて、いま越前陶芸村文化交流会館では「ユニークなやきもの展」が開催中です。(6月27日まで)
クスッと笑えるようなおもしろい作品もあります。

クラフト市
クラフト市






テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/21(月) 08:40:43|
  2. イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。